陸上競技でオリンピックを目指す娘と親父のブログ

家族で全国大会出場していないのは親父だけ。そんな親父とオリンピック出場を目指す娘の記録です。 一緒に練習ご希望の方、学校以外にもう少し専門的に練習したい方性別、学年、記録、メルアドを教えて下さい。(メールは承認制で非公開にしています)

県通信結果

昨日、県通信、娘の結果となります。

22日
共通200m
予選  26"96  -1.4  1位
準決  26"75  -0.3  1位 
決勝  26"53  +0.1 2位 

リレー
準決まで

21日
2年100m
予選  12"87  +1.7  1位
準決  13"06  +0.3  1位
決勝  13"18  -1.2   3位

結果は天候や気温も悪かったですが、惨走と言った所でしょうか!

200mはスタート修正出来ましたが、やはり、スピード持久力練習不足が露呈しました。

決勝は勝負狙いでコーナーをトップで出よう❗と話しました。
娘もその通り2mほどリードしてストレートに入り、これで大丈夫と思いきや残り40m、今までで見たことがないくらいの失速で追い付かれてしまいました。

100mは予選こそ、どうにか走れましたが昨日からの疲れとストライドだけでピッチが全く上がりませんでした。

今回は残り10日間、なるべく学校練習で刺激を入れ体調を上げる事しか考えず、種目練習をほとんどしていなかった事に気付いてやれなかった私のミスでした(>_<)

29日最終トライがあります。
今回の通信を質の高い練習だったと捕らえ、今より良い動きになるはずです。

日曜日 完休
月曜日 学校練習
火曜日 ポイント練習
水曜日 レスト
木曜日 学校練習 スタート練習のみ
金曜日 選抜陸上

にて最終トライに望みます。

N先輩はやはり1週間前の足首痛の影響もありますが、娘と保々同じでスピード持久力が足りませんでした。
以前、二人共に26"フラットで走った際は1週間前に

200 28" +  100m加速走x2
100加速x1

を行っていましたが今回は疲労を残さないと言う点からも行いませんでした。
その中での怪我でしたので調整不足になりました。
今週、娘と同じメニューで最終トライします。

本人達は落ち込み泣いていたようですが、まだ、終わった訳ではありませんので最終トライに向け遠慮無くやれる事をやって望みます。

H先輩は前日、学校練習で太腿四等筋を痛めてしまい、テーピングはしましたが完全にスタートの切れは無くなっていました。
そして、翌日、接骨院で治療したけど足痛で動かない❗と話してくれたので、この後の試合の為に辞めよか!?と本人と決めました‼
普段から明るく笑い飛ばしている先輩ですが、昨年、12月より一緒に練習してきて本人が一番辛いと思います。
しかし、自分で今の状況を認識して相談し、最良な判断を出来た事は、今後、必ず生きて来ます(^-^)

そして、今回変身してくれたのがY先輩でした。
小学生時代は決勝の常連、しかし、中学では・・・
練習仲間内では常に見本の動き作りが出来、昨年より一緒に練習を再開し、いろんな動きを修正して来ました。

そして、いつも学校練習が終わってから参加し、疲れた中での跳躍をしていましたが記録が出ないので、最近は跳躍するのは学校練習だけにし、練習会は部分練習だけにしていました。

これが良かっようで学校練習で5m跳べたと言ってくれて、後は通信まで体調を上げるだけでした。

アップも助走のリズム作り、ピッチアップを確認して終始笑顔で召集に行きました。
そして、予選1本目4m88とPB。
幸先よくスタートし、結局6位で県中学で初の決勝進出しました\(^^)/
決勝は100mアップと被り、殆ど見れなかったですが、再度4m83を跳んでくれました。

東海出場も決まり、本人が辛抱強く取り組んで来た結果が実を結んだ瞬間でした(^-^)v


やはり、通信は試合でも別物で、選手によりいろいろな舞台裏がありました。
全国を優勝をしていた選手が調子の悪い中、我慢強くトライする姿。

予選、全国標準に後1歩。と言う所で足を痛めて棄権する姿。

今までで決勝進出が精一杯だった選手が一躍、全国を決める走りに変身する姿。

どの選手がどの状態にもなり得る事です。

今回、私が思う事はリレーは4人を一つにする難しさ、時間も必要ですが、個人があってのリレーだと思います。

もう少し個人の実力を上げる事を前提にメニューを組んで欲しく何人かの選手を見て感じました。

それを踏まえ私もメニュー作りをして行きます❗

二日間、木曜日深夜から3日間試合運営をしていただいた陸上協会の皆様には、無事終えた事に心から感謝申し上げます。