陸上競技でオリンピックを目指す娘と親父のブログ

家族で全国大会出場していないのは親父だけ。そんな親父とオリンピック出場を目指す娘の記録です。 一緒に練習ご希望の方、学校以外にもう少し専門的に練習したい方性別、学年、記録、メルアドを教えて下さい。(メールは承認制で非公開にしています)

記録会

朝6時半に娘を送った時はかなり肌寒さを感じましたが、9時を回るとぐんぐん気温が上がり30℃は越えていたと思います。 体調維持が難しい時期になりました。

今日は男子2名と女子2名のレース観戦。特に男子2名のレースはじっくり観るのは3年振りなので、どんなレースをするのだろう。と楽しみの一つでした。

まずは女子100mから。
先輩と娘はベストタイムはほぼ同じなのでどの記録会も同じ組になる事が多く、今回も同様でした。

スタンドからアップを眺めていましたが、まだ、まだ、自分なりのアップをする意識は無く、皆と仲良く一緒に行っていました。

スタート前、既に向風が吹いており,この時点で記録は厳しい状態でした。

娘は6コース、先輩7コース、全中出場選手5コースと他のメンバーも大体同じ顔ぶれ。
そして、スタート。
しかーし、スタートして10mで二人共離されてしまい結果。

2着 13"33 -2.1


f:id:rikujyou_oyaji:20150924104420j:plain


200mは100mと比べると食いついて行きましたが

2着 26"27 -0.9

先輩は最近、練習が続いていなかったので,まだ、200mを走れるコンディションではないようですが、ここから2週間で上げて行きます。

男子メンバーの一人はスタートが上手くはないですが、その分、加速が上手くかなりの向風の中100mでベストに近いタイム、200mではPBで走りました。
走る前のアドバイスは大腿骨の付け根の横を通過させるイメージでの腕振りです。

もう一人はスタートの反応が抜群に良い選手ですが 、タイムとしては3位でした。
持ち味のスタートに全く加速感が無く。逆に今日の課題としていた後半での落ち込みは膝下を意識する事でかなり改善していました。

今回のレースで各自の修正ポイントが明確になったので、本日、本人に伝えて自分なりにどう受け取り方をするのか?表現するのか?を楽しみにしています。

テスト勉強、テスト、記録会と慌ただしく続きますが、これを乗り切ればいよいよ最終トライとなります。